忍者ブログ
芸能ニュースをお届けしています。

スポンサードリンク


[2863]  [2862]  [2861]  [2860]  [2859]  [2858]  [2857]  [2856]  [2855]  [2854]  [2853
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第81回米アカデミー賞で外国語映画賞を受けた「おくりびと」の滝田洋二郎監督と主演の俳優本木雅弘が28日、東京都内で帰国後初めて記者会見し、滝田監督は「(受賞で)世界が広がるかもしれないが、これまで通り自分の勘を信じて映画を撮っていきたい」と抱負を述べた。

 滝田監督は金色のトロフィーを前に「奇跡の大逆転でオスカー像を持って帰ることができました」と報告。全国の劇場で客足が伸びるなど反響が広がっていることについて「多くの方々に見てもらえて監督冥利に尽きる」と喜びを表した。

 帰国した足で会見場に入った本木さんは「擦れ違う人みんなに祝福され、幸せな気分です」と晴れやかな表情で語った。

 受賞理由については「死は個人的な共感に届くテーマ。温かい光が見える描き方をした『おくりびと』が新鮮だったのでは」と分析。「この喜びと重みを忘れることが今後のテーマ」と話した。

 「おくりびと」は海外でも既に38か国・地域で公開が決まったほか、配給元の松竹には上映希望が殺到、計100か国・地域に達する勢いという。

参照元:スポーツ報知

PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
貴重な情報プライスレス




楽しくお買い物


















スノーフレークストラップ


スポンサードリンク



忍者ブログ [PR]