忍者ブログ
芸能ニュースをお届けしています。

スポンサードリンク


[2754]  [2753]  [2752]  [2751]  [2750]  [2749]  [2748]  [2747]  [2746]  [2745]  [2744
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

肺気腫に伴う感染増悪のため休養していた落語家桂歌丸(72)が14日、都内で、司会を務める日本テレビ系「笑点」(日曜午後5時半)の収録で復帰した。

 オープニングからしっかりとした足取りで登場、観客に拍手で迎えられ「大変ご心配をおかけしました。負けちゃいられません」とあいさつした。2週分の収録は無事に終了し、会見では「温かく迎えられて芸人冥利(みょうり)につきます。まだまだ倒れられません。(司会の)あの席は譲れません」と話した。

 たばこは52年間、多い時で1日60~70本の缶ピースを吸っていたが、ぴたりとやめた。2日に入院する数日前、新横浜駅で息苦しくなった時のことを振り返り「2度とあの苦しみを味わいたくない」。

 12日の退院後は、通院治療を続けている。自宅や外出先で酸素ボンベを使うなど、完治とはいかないが、たばこをやめたこともあって、息苦しさやたんがからまることはなくなった。

 仕事はセーブするが、15日には水戸、宇都宮で公演を行う。休養中、師匠である桂米丸ら多くの落語家が代演で出てくれた。歌丸は「早く丈夫になって落語で恩返ししたい」と語った。この日の収録の模様は22日と3月1日に放送。

参照元:nikkansports.com

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
貴重な情報プライスレス




楽しくお買い物


















スノーフレークストラップ


スポンサードリンク



忍者ブログ [PR]