忍者ブログ
芸能ニュースをお届けしています。

スポンサードリンク


[2878]  [2877]  [2876]  [2875]  [2874]  [2873]  [2872]  [2871]  [2870]  [2869]  [2868
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「おくりびと」でアカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎監督(53)の最新作「釣りキチ三平」(20日公開)の完成披露試写会が3日、東京・丸の内TOEI〈1〉で行われた。

 この日、滝田監督の地元・富山県が第1号となる県民栄誉賞を監督に贈ることを正式に決定。試写会前に受賞を聞いた滝田監督は「私でいいんでしょうかね。ありがとうございます」と恐縮しながらも笑顔。「映画で地元に貢献したい。地元で映画? それも含め、上映会とか。地元の人が映画に近づいていくことができたら」

最新作では釣りを題材にした人気コミックを実写化。舞台あいさつには主演の須賀健太(14)をはじめキャスト陣、矢沢永吉(59)の長女・yoko(23)がボーカルを務め、主題歌「Heart」を担当した「the generous」も登壇した。

 「釣りキチ―」はアジア、欧州の30か国から配給のオファーがあり「おくりびと」に続く反響が期待される。須賀は「賞が欲しくないと言ったらうそになるけど、いろんな人に見てもらいたい」と語っていた。

参照元:スポーツ報知

PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
貴重な情報プライスレス




楽しくお買い物


















スノーフレークストラップ


スポンサードリンク



忍者ブログ [PR]